10 entries categorized "音楽"

October 27, 2008

Rhythmboxをいじってみた,など.

 先日のfireflyの記事でネットワークで音楽がおもしろく聞けるようになったので,UbuntuについているRhythmboxミュージック・プレイヤーをいじってみた.
 筆者はWindows版のiPodでリッピングした音楽データを憎っくきLinstationに保存してあり,それをRhythmboxで再生できずにいたのだが,ネットで検索しているうちに単純なミスだったことがわかった.最初筆者は,Rhythmboxの[編集]-[設定]の楽曲タブでライブラリの場所を

smb://< NetBIOS名 >/<共有ポイント>/<ディレクトリ>

としていたのだが,よく考えればNetBIOS名が通るわけもなく,NetBIOS名ではなく,IP addressにしたら楽曲をロードし始めた(/etc/hostsで設定すればhostnameでいけるかも).これでWindowsのiPodでもUbuntuのRhythmboxでも同じ曲が聞ける...と,思ったのだが,Rhythmboxのインポートのエラーってのが出てて,"This file is incomplete and cannot be played"ってずらずらと書いてある.このため,本来,ライブラリで3600曲ぐらいあるところ,3000曲ぐらいしかインポートされていない.どうも,日本語の曲名の曲を中心としてダメなようなのだが...それで思い当たるのが,LinkstationのSambaのヴァージョンだ.この頃のLinkstationだと,ファイル名の日本語エンコードをSambaが面倒見てくれないらしく,Windowsで日本語ファイル名をつけると,Unix系(MacOS含む)から見たときファイル名が文字化けするのだ.これを何とかするにはLinkstationをまるまるDebian化して新しいSambaを入れるとか,近年のネットワークハードディスクを買うかしかない.(バッファローは当該Linkstationのファームのアップグレードはとうにやめてしまっている)どちらも気力・財力共にない.大体,マシンを入れ替えたとしてファイルをただコピーしただけではすまないだろう.うーん面倒くさい.
 でも,自分的には大きな進歩だったので,次にiPodをつなげてみた.まあ,何とか認識してRhythmboxにiPodに入っている曲が現れた.そこから演奏もできるようだ.ただ,ライブラリとの同期(iPodで何回演奏したとかどの曲をスキップしたとかという情報のやりとり)はできないようだ.AmarokBanshee,さらにはgtkpodなら可能かもしれない.今のところはLinuxでiPodを管理するつもりもないし,KDEベースのソフトを入れて変なことになっても嫌なので今回はここまででよしとしよう.
 ところで,fireflyだとAACとmp3が混在していても分け隔てなく再生されるものなのね.まだ,AACが普及していないころmp3でリッピングしたBirdのデビューアルバムが聞けたよ(古い!).これは普通にiTune使っていてもできるんですか?

・おまけ
mount_smbfsとか,FreeBSDにUSBメモリをつないで,使ったあとアンマウントしようとすると

device busy

と言われて泣く泣く電源を落としたことはないだろうか.筆者はある.これを防ぐ方法,初心者バージョンは
1. すべてのログインプロセスで,カレントディレクトリがマウントしたデバイス上でないこと(cd しまくればいいんだけど)
2. それもしたのにアンマウントできない時は
> sync

とすればいいらしい(デバイスへのファイルの書き込みがマシンのキャッシュに溜まってしまってるのを実際に書き出しなどおこなわせる(説明はよくわかっていないので不正確かもしれない)コマンドらしい)
さらにだめな時はマウントしているデバイスのディレクトリでプロセスが走ってるだか何だかという話だが,初心者はそんなことしないだろう.もしそうなら,片っ端からkillするか,shutdown -rだ.

| | Comments (139) | TrackBack (0)

October 25, 2008

mt-daapdの後継メディアサーバー,fireflyを試してみた

 筆者はずーっと前に,iTuneミュージックサーバー,mt-daapdと題して(題名は微妙に違うが)一連の記事を書いたが,gihyo.jpのFreeBSD Daily Topics,10月24日号で,mt-daapdがfireflyプロジェクトになったので,portsも入れ替えるようにと書いてあったので,素直にしたがった.
まずは,mt-daapdをアンインストール

> cd /usr/ports/audio/mt-daapd/
> sudo make deinstall

何も考えずにfireflyをインストール
> cd /usr/ports/audio/firefly/
> sudo make install clean

設定はどうするのかなと思い,つらつら眺めるも,設定ファイルが/etcにも/usr/local/etc/にもない.
しょうがないので,/usr/local/share/doc/fireflyのREADMEファイルをみてみる
You'll still need to make a configuration file in /etc/mt-daapd.conf

You can use the sample in contrib/mt-daapd.conf as a starting point.

cp contrib/mt-daapd.conf /etc
cp contrib/mt-daapd.playlist /etc

Edit /etc/mt-daapd.conf to taste.


contribってどこのcontrib?と思いながらfindコマンドでmt-daapd.conf*を探すとあっさり/usr/local/etc/にmt-daapd.conf.sampleがあった.mt-daapd.playlist*はどこにもない.なんか,mt-daapdとごっちゃになってる感じ.そのファイルをコピーする.誰からも書き込みができないようになっているのでsudo chmod 644ぐらいにしておく.設定ファイルはmp3の置き場所が/mnt/mp3とかなってるけど,/の下は容量がすぐなくなるので,~/musicにした.
音楽のファイルをiTuneが構成したまま(アーティスト別,アルバム別にディレクトリが切ってあるまま)~/musicにコピー.
準備万端と思い,
> /usr/local/etc/rc.d/mt-daapd start

で起動しようとしたら,rc.confにfirefly_enable="YES"がないとおこられた.mt_daapd_enable="YES"だったところを書き換える.再度起動でどうやら起動した.
mt-daapdのころから,http://<ホスト名>:3689でプログラムの状態をみることができる.さっそくアクセスするが,ユーザー名とパスワードがわからない.ユーザー名はadminだったが,パスワードはmt-daapd.confに書いてあった(確かデフォルトではmt-daapd).
まず,mp3_dirにゴチャゴチャに突っ込んだ音楽ファイルがfireflyに認識されないと困るので,[server status]のリンクをクリックして[start full scan]のボタンをクリックする.すると,しばらくカチャカチャいってる.他のマシンのRhytmboxとかからみると音楽ファイルがきちんと見える.これはこういうことでいいのかな?僕の言ってることはあってるのかな?
次に[smart playlist]のリンクをクリックする.これは劇的に改善されたと言っていいのではないのだろうか.弊ブログを訪れた皆さんもどうもplaylistの作り方に困惑していたようだし,筆者も作り方は知らなかった.今回のリニューアルで少しやり方がわかった.例えば,ジャンルが"Jazz"のものだけのplaylistを作る一番簡単なやり方は次のとおりだ.
・[add new playlist]のリンクをクリックする.
・"Name"に"Jazz Collection"とか適当に作る.
・(ここがイイ!)[Wizard]をクリック.
・[Title]って書いてあるところを[Genre]にする.隣の"="マークをクリックして[include]にする.その隣のテキストボックスに"Jazz"って入れる.
以上でOK.
なんかノリが昔ドライブ用のカセットを作っていたときのよう(おじさんが若いころは各自好きな曲を入れてMY Casetteを作って女の子を口説いたり...あ,話が脱線した.
まあ,例えば,"Artist" includes "Chaka Khan",で,"Title" includes "Love"で,チャカ・カーンのタイトルに"Love"の入ったプレイリストができたり(どうも,たとえがいちいち微妙に古いね,もう思考がカセット世代).あとは,再生回数が15回以上のプレイリストもできるみたい.残念ながら,iTuneでできる”スキップした回数がn回以上・以下”ってのはできなさそう.
色々やってみたけど,Windows上のiTuneで再生しても,Linux上のRhythmboxで再生しても上々の出来でした.(mt-daapdの時はいまいちだったような気がする)
気になるのはconsoleに金魚の糞のように"mt-daapd: Write error"(例えばbroken pipe)とエラーを吐くこと.何なんだろう?updateでなおるかしら.
各自御研究の上,ご報告頂きたい.

2009/04/25追記
だいぶ前になるが、fireflyが動かなくなることがあった。ログかなんかを見るとdatabaseの種類が何とか...って出ていたので、/usr/local/etc/mt-daapd.confのdb_typeをsqliteからsqlite3に変更したら動いた。それ以来、何かの拍子でdb_typeがsqliteになってしまって、そのたびにsqlite3にして復旧してきた。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

April 11, 2006

また録画録音補償金問題...

 iPodやパソコンのハードディスクに著作権がらみで課金する.というお話が再浮上したようである.
パブリックコメントとか募集しながらもなぜまたこの話を議論するのか,理解に苦しむ.
 自分は気に入ったCDなどは買うようにしているけど,それでもさらに前の記事のように音楽データをコピーしたらお金を払わなければいけないということになるのだろうか.
 あ,気に入ったCDといってもコピープロテクトされているのは買いません.あと,街中では輸入CDが買えないので,だいたいamazonで買ってます.(別に私はamazonのアフィリエーターではありませんよ).
 詳しくはこちらを...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

iPod Shuffle買ったらCreative MuVo2が...

あたったんです.

いや,ってね.iPod Shuffle買ったら,とたんにCreative MuVo2 FMが当たったんです.
何で当たったかって言うと,ハガキスタジオを買ってキャンペーンに参加したら当たったんです.
遠い昔の話ですがMS officeの97だかを買ったときも,時計とかシャツとかリュック(みんなMS officeロゴ入り)が当たりました.ちゃちい商品でしたが,今度は少し(いやかなり)実利にあったものが当たりました.おまけに5000円のギフト券つき.
うーむ,でも,5 GBってところが微妙です.
前にも書きましたがうちのCD全部あわせると15 GB(AACでね)なんです.だから,だから,iPodのレギュラーサイズがホスィ.
おまけに,iTuneもかなり気に入ってるので,心境はとても微妙

Creative MuVo2ですが,

MP3(MPEG Audio Layer-3)、WMA(Windows Media Audio)およびWAV形式の再生に対応。

うぅ,これまたAACが気に入っていたので,微妙.
最新の超小型1インチ、5GBハードディスクを搭載し、約2,500曲を収録可能。

うむ,1インチの5 GBハードディスクか.使えなかったら,HDD取り出して遊ぶかな?
Creative MuVo² FM 5GBは、本体の分解を禁止する開封防止ステッカーが貼付されております。メーカーへの返品や修理を依頼する際に、このステッカーの貼られていない製品はサポート対象外となります。
ステッカーは再貼付防止処置により再貼付ができなくなってます。ご注意ください。

むぅぅぅ,対策済みだ.そういわれると二の足を踏む.微妙.

どなたか使い勝手ご存知の方いらっしゃいましたらぜひコメント御願いします.

iPod Shuffle買ってなかったら,本当に素直に喜べたのですが...
気持ち的には音楽ギフト券5000円が同じぐらいうれしい.

ところでマイクロソフトのキャンペーンってこんなに当たるものなのでしょうか?

びみょー,な,音楽の話,でした.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

iPod Shuffle

あけましておめでとうございます.ってことはないですが,お久しぶりぶりぶり~!

前からほしいほしいほしいほしいと思っていたiPodですが,1月12日,slashdot JapanにiPod Shuffle発売のニュースが載っていたので,日本で発売になって1 GBで\20,000を切ったら買おう,と思っていました.
で,家に帰ったらニュースステーションか何かでもう日本で発売になっていると言ってるではありませんか.
速攻でwebのアップルストアを見に行きました.\17,000ぐらい.
すでに,配送までに3週間だかなんだかって書いてありました.
でも,ここで買うことにしました.なぜなら,JALのマイルがたまるからです.

うちにあるCDをmp3に直すと20 GBぐらいあるので正直言うとiPod Click&Wheelの40 GBとかiPod Photoがほしかったのですが...

2月1日に“発送した”メールが来ました.2月2日にやってきました.想像したより早かったです.

フラッシュメモリーのポータブルプレイヤーはDiamond MultimediaのRio 500(もうほとんどネットに載っていません.Windows xpではここのドライバーと,ここの転送ソフトがありました)を使っていたのですが,いかんせんトータルで128 MB.CD 4枚で大体いっぱいになってしまうので,あまり満足していませんでした.

1 GBとはいえ,家の音楽データは20 GBなのだから同じことだと思っていたのですが,結果は大きく違いました.
まず,iTuneがよくできています.全部あるCDのデータからランダムで落とす音楽データが決定できるのです.もう,1 GBとかだとCD 20枚分ぐらいあるのでどうせ選べません(と,いうか選んでいたら一晩たってしまう).そう,すでにここからshuffleなのです.
また,会社の人が持っているiPod 20 GB(第3世代だったかな?)を見せてもらいましたが重いこと重いこと.
それに比べるとiPod shuffleは\100ライターサイズといっていいでしょう.液晶を敢えて搭載しなかったのがえらいです.

私としては,音質も満足しています.むかし,まだmp3が出たてのころは(Rio 300も持ってました.パラレルポート転送!),CDのリッピングが悪いと思うのですが,ワウ・フラット(というのでいいのでしょうか?)が悪くて,いくつもソフトを買ったり,CD-ROMドライブ(書き込み型もDVDもなかったころ)を買い換えたりと大変な思いをしました.
世間では“ゼンハイザーのヘッドホンに買い換えないと”とか言ってますが,あくまでも携帯型なんですから...ねぇ.付属のイアフォンでいいと思いますよ.

CDも400枚ぐらいあるので,つまらない曲も無限に近いほどあります.それをshuffleにshuffleを重ねるので,通勤中にiPodが動作している間,半分は曲の早送りに費やしている感じです.
でも,“を!あのアルバムにはこんな曲があったのか”とか“うわぁ,懐かしい”と新たな発見があったり,音楽生活に幅が出たのは確かです.

ネットにもいろいろと記事が出ています.

iPodがマイクロソフトで評判がいい.Hotwired Japan

とか
iPodで消費性向が変わる.同じくHotwired Japan
とか
シャッフル機能で音楽の聴き方が変わる.またまたHotwired Japan
など.特に最後の記事はうなずけるものです.ナップスターとかはつかっていませんが...

iPod shuffleにしても,iMac miniにしても,思い切った判断としっかりした製品ポリシーはすばらしいと思います.
これこそ,企業の生き残り(とは失礼?)の王道といえるでしょう.
アップルすばらしい.

でも,やっぱりiPod Photoホスィ.

ちなみにこんなのもありますよ.

久々のblogなので長々...

追伸:私はアップルの社員ではありません.

音楽の記事が少ない...

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 08, 2004

FunkとR&B?

Anita Bakerのアルバム "Rapture"を聞きつつ...
このところ,お金が厳しいのでCDを買っていなかったのですが,ここでやられてしまいました.Amazonって“リストマニア”ってのがあって,そもそも,こちらの方のリストを見て,“おお!Changeの新しいベストが出ている”って感じで見ていって,結局,ChangeのベストL.T.D.のベストS.O.S. BandのベストCameoの "Word Up!"を買ってしまいました.ベストばっかりですね.しかも,なぜかL.T.D.はD-Trainと勘違いして買ってるし(どういう勘違いだろう?).S.O.S. Bandのベストはすでに2枚持ってるし...
で,今日L.T.D.とChangeの2枚が到着しました(Amazonギフト券で買った分).L.T.D.は聴くまで勘違いに気がつきませんでした.相当ぼけております.でも,Kickn' Backかっこいい.なにしろ,このバンドはベースですね(英語のライナーノーツよんだけど誰だかわからない.多分私の英語力の低さが原因.).Changeのベストも実は2枚目です.本当はJam & Lewisの曲を聴きたかったのですが,それはアルバム "Change of Heart" だけなんですね.それなら持ってた.でも,タイトル曲かっこいいです.これはJam&Lewisなのにギターが大きくふゅーちゃーされている(Jerrybean Johnsonだったらわかるんだけど)のが面白い.このカッティングはもう少しでコピーできそう.
あとは,CameoとS.O.S. Bandです.CameoのWord Upはリリースしたときに買いそびれて,数年してからほしくなって,渋谷のManhattan Records(まだ,渋谷の警察署かなんかの裏にあったとき.ふーん,今はこんななんだ.行ったのはきっとできて間もないころだろう.今はおじさんだけど,あのころはすこしはオサレだったのか?)で聞いてもなかったのでがっかりしました(でも,そのときDazz BandのLet It WhipのLPをゲットしました.当時もいい値段だったんだけど今は価値あるのかなぁ?).S.O.S. BandもJam&Lewis目当てです.このバンドは1枚目と2枚目が再発売になっているのだけど...あ,このことは前に書いてありますね.また,同じことを言ってしまった.

そういえば,(ジャンルがぜんぜん違うけど)クラフトワークのヨーロッパ・エキスプレス(だっけ?)の12インチのアナログ盤を持っているのですが,どれくらい価値があるのでしょう?凄く気になる.

とりあえずは,音楽のカテゴリーということで,ひとつ記事を書いたぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2004

スコスコ blog,タイトルについて

“なぜ,スコスコ blogなのか?”
実はわたくし,John Scofieldの大ファンなのであります.好きなアルバムは,やはりGramavisionから出ている,"Electric Outlet","Still Warm","Blue Matter","Loud Jazz"....
なのですが,"A Go Go"も大好きなのです.なぜかというと,Medeski, Martin and Woodも好きだからです.
Medeski, Martin and Woodを知ったのは別のルートで,"Screaming Headless Torsos"を聴いて,そのギタリストであるDavid Fiuczynskiに興味を持ったところ,David Fiuczynski/John Medeskiのアルバム"Lunar Crush"に出会ったのです.レーベルはやはりGramavision.で,MM&Wに行き着いたと...
話がそれましたが,と,いうわけでスコスコ blogのスコスコはJohn Scoscoscoscoscofieldなわけです.
おしまい.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2004

Duran Duran

再結成らしいです.こちらの方の記事で知りました.懐かしい.デビューしたのは僕が中学生のときです.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2004

Pieces of a Dream

久しぶりに,Pieces of a Dreamの "No Assembly Required" を買いました.評価はまあまあ,1曲目がちょっと単調.僕のお気に入りは "Bout Dat Time" なのですが,これは,R&Bとしての名盤だと思います.このグループの音楽のポリシーがどこにあるのかちょっとわからない>もう少し買って聴いてみる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2004

S.O.S. Band

久々にamazon.comを見に行きました.S.O.S. Bandはbest盤を2枚,"One of Many Nights"を持っています."S.O.S."と"Two"のremaster盤が出ているのは知っていましたが,Jam & Lewisのproduceしたのがほしいのです.そうしたら,"Sands of Time"が$49.50,"On the Rise"が$139.99,いずれも中古ですが,ちなみに "One of Many Nights"は$4.45からあります.うーん,高いなぁ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)